アミノ酸シャンプー、石鹸シャンプー、石油系シャンプー、それぞれのシャンプーによるメリットとデメリット

みなさんは普段どのようなシャンプーを使っていますか?

昔は選択の余地がほとんどなく数種類しかなかったシャンプーも、今ではアミノ酸シャンプー、石鹸シャンプー、石油系シャンプーなどシャンプーに含まれる成分そのものが変わっているのです。

でも、どのようなシャンプーが自分には合っているのか分からないため、長年同じものを使い続けている、スーパーで安売りをしているシャンプーを買うなどそれほどこだわりがない人も多いのかもしれません。

このアミノ酸シャンプー、石鹸シャンプー、石油系シャンプーはそれぞれ特徴があり、メリットもあればデメリットもあるらしく色々雑誌やテレビ番組、ネットなどでも詳しく解説しているいるのを見ます。

成分が違うのですから効果も違うのは当然で、それが自分の肌に合うのかは使ってみないと分からないと考え、すべてのシャンプーを実際に使ってみました。

このように実際に自分で使って試してみると、メディアやネットの情報だけが必ずしも正解ではないのだと分かりますよね!

 

多くの人が使っているのが石油系シャンプーですが、この名前だと「え!石油で洗ってたの~」なんて驚く人が多いのではないでしょうか?界面活性剤は石油由来の物がほとんどなので、そこから石油系シャンプーという名前が付いたそうで、ストーブに使うような石油とはちょっと違います。

シリコンが入っていて色々な香りや色があり洗浄力に優れていて洗い上がりもつるつるです。でも、この石油系シャンプーは肌にあまり良くないようで、私も何種類か合わない物があり湿疹やかゆみが出ることがあります。値段は安いものが多く経済的です。

アミノ酸シャンプーは軽い泡で優しく洗っている感覚があり、整髪料をたくさんつけていたり汚れが多いときは全く泡立たないなんてこともあります。肌に優しいシャンプーを求めている人には最適ですが、価格は高いものが多くネット通販などを使わないと買えない物も多いようです。

石鹸シャンプーは肌に優しいのですが私にはあまり合わなかったようで、べた付きが気になって結局普通のシャンプーで二度洗いすることになってしまいました。しばらく使うと髪についている今まで使っていたシャンプーの成分が剥がれて快適に使えるようになるそうですが、私はそこまで我慢できずに断念・・・キシキシも半端なかったです。

 

このように、シャンプーと言っても全く違うもので頭皮や髪のことを考えて自分に合った物を選びましょう!

このブログ記事について

このページは、commongroundが2015年8月21日 12:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ブラシで頭皮をたたくのはNG!間違った育毛知識です!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。