2015年4月アーカイブ

ニックキしみ。
しみがあるだけで、見た目年齢も+5歳。
そばかすなら可愛らしさがありそうなものの、
シミは見た目年齢を上げるだけの、余計なものです。


しみを除去する方法があるのなら
是非、試してみたい。


そんな気持ちでシミを除去する方法を検索~。
しみを除去する方法|化粧品から最先端医療まで

シミを除去する方法
・化粧品
化粧品だけで本当にしみが除去できるのか?
化粧品で除去できるしみの種類がありました。
・紫外線によるシミ
・ニキビによる色素沈着
・虫刺され、傷による色素沈着
これらの外的要因でできてしまったしみに関しては
化粧品でどうにかなるしみもありました。


化粧品でシミを除去するなら
成分が大事!
上記が原因でできてしまったしみは表皮のしみ。
これらのしみであれば
・トレチノイン
・ハイドロキノン
こちらの成分でシミを除去することが可能です。

トレチノインはメラニン色素を排除することができます。
メラニン色素は主に紫外線など外的要因によって
増えてしまうことでシミとなるものです。
しみのもとを除去できるため、シミ自体を根絶することが可能です。
ただし、配合濃度にもよる。

ハイドロキノンはメラニンの生成を抑制することができます。
紫外線などを外的要因によってメラノサイトからメラニンが生成されるため
しみができます。
メラニンの生成を抑えられるってことは、
メラニンを作らず、シミのできにくい肌環境を作れるってことになります。
ハイドロキノンの場合は、できているしみを除去するってよりは
しみができない肌にできるって成分ですね。

ハイドロキノン配合の化粧品を使うことで
将来しみのできない肌作りに役立つというわけです。


・最新医療
できてしまっている私のしみ。
化粧品で気長に除去するってよりも、
最新医療で今すぐ取っ払いたい。


クリニックで受けられるしみ除去の最新医療には
レーザーがありました。
レーザーであれば、できているしみだけでなく、
生まれつきあるそばかすに、肝斑など
生理的なしみも除去することができます。


レーザーにも種類があるんだね。
医療レーザーは基本だけど、炭酸ガスレーザーなんてのも
ありました。
さらに、レーザーの出力もクリニックによって違いがあります。
なので、無料カウンセリングがあったり
低価格で体験ができるクリニックでなるべく自分のしみにあった
クリニックを選ぶ必要があるかなって思いました。

今時だったらどこのクリニックでも体験ができるでしょ。
そういうのを上手に利用して自分の肌に合うクリニックや
症状に合うクリニックを選べばよさそうです。

しみってさ、一口に言っても
さまざまなことが原因でできるでしょ。
病院って場所はどこもだけど、何かしら
特化した部分=得意分野
ってのがあるわけで、それを把握してからいった方が良いと思いました。

今回、初めてってくらいシミを除去できる最新の医療について
検索してみたんだけど、
クリニックの多さに驚いたし、クリニックによって特徴や金額が
違うことも知りました。

今はお客がクリニックを選べる時代です。
調べる労力と時間はいるけれど、
大事な自分のお肌事情。
納得できるクリニックでニックキしみを除去しましょう。

紫外線は美容の大敵です!
しみだけじゃなく、しわまで増やすんだから
本当に嫌なヤツー。
完全にシャットアウトできるものならしたいけど、
それは無理な話。

家にいたって窓からの日差しからでも
紫外線が入ってくるっていうんだからさー。
外に出るんだったらさらに、気を付けないとね。

ネットや店頭には様々な紫外線グッズが出てきてます。
・サングラス
・日焼け止め
・ストール
・日傘
・手袋
・帽子
・ヘアスプレー
・窓用紫外線シート

どの程度身に着けていますか?

私の場合は、日焼け止めは当たり前。
サングラスに、帽子や、手袋、日傘も身に着けます。
この中で必須なのはサングラスです。
目からも紫外線って入ってくるそうですよ。
将来的に白内障とかなるのもこの目からの紫外線の
せいだとか言われています。
ただ、紫外線対策って真夏にやりすぎるとちょっと恥ずかしいんだよね。
怪しいおばさんになっちゃってる感が怖い。。。
ふと見る自分の姿に怖さを感じるけど、
将来の自分のお肌のためだもんね。

最近じゃあ、ヘアースプレーまで出てますね。
意外と髪の毛って気にしてかなったけど、
髪の毛も紫外線によるダメージがあるそうです。

さらに、窓から入ってくる紫外線に対応した
シートなども出ていました。
家にいても紫外線対策は大事です。
このシートがあれば安心できそうです。
知り合いで紫外線対策に気を使っている人がいるんだけど
その人は窓に日焼け止め塗ってました。。。
ここまでやるかって話だけど、
そんなに気を使っている分、年齢の割に美肌です。
美意識もここまで来ると何もかも紫外線予防が大事なんだと
驚かされます。

あとは、外出する時間帯を考えるしかないかも。
時間帯によって紫外線量も違うそうですよ。
1日の中で最も紫外線が出ているのは
午前10時~午後2時の間だといわれています。
なるべくならこの時間帯の外出は避けた方が良いのかも。

そして、紫外線が一番多い季節といえば、
5月から8月。
お日様がうれしい季節ではありますが、
恐ろしい紫外線がどんどん出ている時期でもあります。

レジャーシーズンだけに、外出しないというのは
絶対に無理。
だからこそ、しっかり対策だけはしなきゃね。
ちなみに、日焼け止めもSPFの数値が高けりゃいいってもんじゃないそうですね。
レジャー用とか日常用などに分けて使うことも
肌の負担を考えると大切だそうです。
そして、SPFの数値だけじゃなく何度も塗りなおすことも大事です。
汗で日焼け止めもすぐにとれちゃいますし、
きちんと効果を発揮させるには、2時間に1度程度は
塗りなおすようにして
きちんと紫外線からお肌を守りましょう。

美人はすでにやっている!?
最近のモテる女の新常識!
といえば、そうブラジリアンワックスです。

デリケートゾーンのムダ毛処理はどうしていますか?
Vラインをはじめとするデリケートゾーンのムダ毛処理って
自宅で行うには難しいです。
かといって、サロンに通うのには時間もお金もかかりますよね。

デリケートゾーンの自己処理は難しいだけじゃなく、
すっごく大変な作業の割に
トホホな仕上がりにしかならない。
カミソリだと、チクチクしてきちゃうし、
抜くって言っても本当に大変です。
って時にブラジリアンワックスが大活躍なんですよ。

ブラジリアンワックスとは、デリケートゾーンの脱毛のことです。
V、I、OといったVラインにその奥のIライン、Oラインといった
デリケートゾーン周辺のムダ毛を
専用のワックスで処理する脱毛法です。

欧米で流行し、簡単さとその仕上がりの綺麗さから日本でも
ブームになっています。

欧米ではデリケートゾーンのムダ毛処理は当たり前のこと
だそうですね。
日本でも、叶姉妹やモデルさんなど多くの美人女性が行っていることで
流行に火が付きました。
他の毛の処理はしているのにデリケートゾーンだけ
ボウボウってのも不自然。
男性の多くも気になるムダ毛らしいですよ。
腕や足のムダ毛よりもデリケートゾーンの毛のほうが
気になるという男性の方が多いんだとか。

男性に引かれる前にブラジリアンワックスで
デリケートゾーンのムダ毛処理をしておきましょう。

ブラジリアンワックスは、はちみつなどを配合した
とてもお肌にやさしいワックス。
しっかり根元からムダ毛が抜けるだけじゃなく、
肌にダメージも与えないので
自己処理でありがちな色素沈着や傷、チクチク感も感じません。

やり方は簡単。
専用のワックスを気になる脱毛箇所に塗ります。
ワックスを塗ったところに専用のシートを張り付けて
ムダ毛を密着させたのを確認したら一気に引っ張ります。
脱毛テープのような感じですが、
肌にやさしい成分で作られているので、テープのように荒れることもありません。
テープに比べると密着力も優れているので
綺麗に脱毛できます。

ブラジリアンワックスはデリケートゾーンのムダ毛処理に
即効性があり、簡単で仕上がりがきれい、肌を傷つけない
新しい脱毛法です。

デメリットをいえば、毛は生えてくるので
数週間に1度のペースなどで行う必要があります。

美人モテ女の新常識のブラジリアンワックスで
デリケートゾーンもお洒落にきれいに整えましょう。

このアーカイブについて

このページには、2015年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年3月です。

次のアーカイブは2015年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。