ヘアブラシで頭皮をたたくのは髪に逆効果となりえます!

髪は女の命です。
艶やかな美しい髪の毛。
ですが、髪の毛も年とともに衰えてゆきます。
女性の年齢が出やすい個所って首のしわや法令線だとも言われますが、
髪の毛も一番で安く、
一番目立つ箇所なんですよね。

女性用の育毛剤もいっぱい出てたり、
髪の毛や地肌にも良いとされるシャンプーまで出てるでしょ。
地肌マッサージは髪の毛にも良ければ
リフトアップにも良いって言われてて、私も心がけています。

さらに、髪の毛に良いって言われているのがブラッシング。
ブラッシングをすることで頭皮の脂を髪の毛にもまんべんなく
行き届けることで艶やかな美しい髪の毛に仕上げることができるし、
頭皮の血行を促進して丈夫な髪の毛をはやすこともできるそうです。
さらに、頭皮のマッサージもなり、リフトアップ効果もあるんだとか。
ブラッシングするだけで髪の毛とお顔の若返りになるんだったら
簡単だしいいじゃーン。
ですが、
ヘアブラシで頭皮をたたくのは髪に逆効果となりえます!
ブラッシングをむやみにやり過ぎたり、頭皮を叩いちゃ逆効果となり、
危険です。
頭皮を傷つけてしまうからだそうです。
頭皮が傷ついてしまうと、美しい髪の毛の育毛どこじゃなくなります。
それどころか、抜け毛の原因となり、
続けることで薄毛になっちゃう。

でもって、シャンプー後の濡れた髪の毛にブラッシングしたり
頭皮を叩くのもダメ。
シャンプー後って頭皮も温まってるからブラッシングマッサージしたり
頭皮マッサージすると良さそうでしょ。
でも、濡れた髪の毛にやるのはすっごく危険なことらしいです。
髪の毛が濡れてる時ってキューティクルが開いてる状態なんだそう。
キューティクルが開いてる状態でブラッシングなどしてしまうと、
キューティクルをはがしたりして髪の毛を傷つけることになります。
一番良いのは、髪の毛が半渇きの時なんだって。
完全に乾いているときには霧吹きなどで適度に水分をプラスしてから
行うと良いそうですよ。

まあ、そもそもブラッシングの目的って、育毛とかとは違うって話もあったわ。
頭皮ブラッシングをやったからって、育毛にもならなければ、リフトアップにも
ならないっていう話です。
ブラッシングの目的とは、整髪、ゴミなどを浮かせること。
シャンプーする前にブラッシングを行って綺麗に洗浄させるためだったり、
絡んだ髪の毛を整えるだったりすることだそうです。
そして、多少は頭皮に刺激が出るので血行促進もされるでしょうが、
血行促進のためのブラッシングはあまり効果がないとのこと。
育毛を考えるのなら、ブラッシングによる血行促進や
頭皮を叩くなどのマッサージをやめましょうと言われていました。
頭皮を傷つけてしまうリスクの方をとったほうが良いとのことです。

気持ちがよいし、美髪のためなら、とついつい
頭皮を叩いたりマッサージをやりすぎちゃったりするけれど、
やっぱり、なんでもやり過ぎはダメ。
程々が一番なんですね。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11

このブログ記事について

このページは、commongroundが2015年3月16日 09:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ふくらはぎに筋肉をつけると血流がよくなる!」です。

次のブログ記事は「牛乳の飲みすぎが骨粗鬆症になる!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。